2019年12月07日

令和元年度観艦式→艦艇公開(その2)

前回に続き、艦艇公開の続きをレポートします。
外洋に出なかった分、港にいる艦艇すべてを巡ることができる夢のような企画でした。
もう1隻の「いかづち」に向かいます。

まともな外観を撮って無かったので、こんな様子ですが。
Photo editing_Cloud20191207.jpg

フネに上ると、海自の方が敬礼で迎えてくれました。
こちらも一礼して乗り込みます。

90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)
P_20191014_123809.jpg

HOS-302 3連装短魚雷発射管 と思われます
P_20191014_132427.jpg

P_20191014_132446.jpg


Mk.137 デコイ発射機 と思われるもの
P_20191014_123917.jpg
魚雷で狙われた時に、囮として発射するのがデコイです。
たぶん

ボートです。
P_20191014_123826.jpg
救難だったり、立入り検査に使うものでしょうか?

海自には「護衛艦付き立入検査隊」が組織され、海上阻止行動(MIO)を実施する隊員がいます。

62口径76mm単装速射砲
P_20191014_140755.jpg
3インチ砲ってことでしょうか。

CIWS(シウスと呼ばれるファランクス) Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲
P_20191014_140826.jpg
レーダーで敵を狙い、自動的に打ち落とす優れものです。
巡航ミサイルなどを叩き落とす。


続いて艦橋です。
操舵やレーダーは通常のフネ同様ですが、戦闘艦らしいものもあります。

戦闘態勢表示盤ですって。
P_20191014_124305.jpg
各種装備の状態を一目で見えるようにしたものですね。
実際の戦闘指揮は、どこか秘密の場所のCICで行われるので、公開されることはないでしょう。

搭乗員の状況表示盤ですね
P_20191014_124320.jpg
1D〜5Dは分隊を示すのでしょうか。
 1分隊(砲雷科)
 2分隊(船務科、航海科)
 3分隊 (機関科)
 4分隊(補給科衛生科)
 5分隊(飛行科)
 +ヘリのパイロット でしょうね。

艦橋にいる多くの人が見張りをするでしょうから、双眼鏡もたくさんありました。
P_20191014_124403.jpg

航海科が航路を確認する場所
P_20191014_124049.jpg

では、下におります。
相変わらず、階段はこんなです。
P_20191014_124550.jpg

廊下は狭く、パイプや消防用具などが並んでいます。
P_20191014_133235.jpg

ちょっとしたところに洗面所
P_20191014_133516.jpg

いかづちの艦長さんなど
P_20191014_124622.jpg

機関室も見学できました。
P_20191014_134536.jpg

いかづちの機関はCOGAG方式です。
COmbined Gas turbine And Gas turbine。
複数のガスタービンエンジンを組み合わせる方式とのことで、むらさめ型の場合、LM2500×2、SM1C×2の2種4台を積んでいるようです。
ガスタービンは最大出力で回転させるのが効率が良いので、大きなエンジンの回転数を調節するのではなく、目的に合わせて稼働するエンジンを切り替えたり追加したりするようです。
だから、タービンのキーンって音がしてます。
合わせて6万馬力のようです。


再び甲板へ

垂直発射装置VLSですね。
Mk.41 Mod6 VLS (VLA SUM) × 16セルとMk.48 Mod4 VLS (ESSM 短SAM) × 16セルとwikiには記載されてます。
P_20191014_125343.jpg

全弾を対潜用にすることも可能だそうです。
P_20191014_125335.jpg

76mm砲ですね。
P_20191014_125003.jpg

この辺の膨らみは何ですかね?
P_20191014_125021.jpg
ガス圧でも調整するのかしら?

先端は穴開いてます。
P_20191014_125031.jpg

ガスを逃がすの?


では後ろの甲板のほうへ
P_20191014_130125.jpg

手旗信号の説明会でした。

雷ちゃん?
P_20191014_125910.jpg


LSO ヘリの着艦を指揮します。
P_20191014_125635.jpg

着艦するヘリをガッと捕まえる、いわゆるベア・トラップが動く動線が見えます。
P_20191014_125806.jpg
斜めだったんですね。

艦尾の自衛艦隊旗
P_20191014_125740.jpg

人が少なかったので、それぞれをじっくり見ることができた貴重な機会でした。
posted by じゃが〜 at 12:06| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ