2019年03月10日

鹿屋航空基地史料館(その4)

鹿屋航空基地史料館の最後となります。

最後の展示は、海自航空部隊の資料となります。

P-2Jのコックピットがありました。
P_20181206_162430.jpg

今ではだんだん少なくなってきた丸い計器が並びます。
P_20181206_162459.jpg

あれ?
ところでこの展示は、ひょっとして。
P_20181206_162529.jpg
コックピットの左下の穴、入れる?

どうもたくさんのひとが通って塗装が剥げたようになっていて、進入禁止の表示がありません。
行けるの?

外で見たこの部分に。。。
P_20181206_151626.jpg

四つん這いでおそるおそる進みますと、、、

来ました。
P_20181206_162707.jpg

恐い場所だ。
ここで見張っていたのか。

2人で来てたら、外からの記念写真が撮れたでしょうね。

さて次いきましょう。

J3-IHI-7Dターボジェットエンジン
P_20181206_162938.jpg
P-2Jの量産型エンジンなんですって。

T64-IHI-10Eターボプロップエンジン
P_20181206_162948.jpg
やはりこれもP-2Jのエンジンです。
ただ、PS-1、US-1にも使われたそう。

救難ヘリコプターS61
P_20181206_163134.jpg
古い映画に出てきそう。

中も見れてお得です。
P_20181206_163234.jpg

鹿児島は離島が多いので、この航空基地は重要なんです、と訴える地図
P_20181206_163400.jpg

どうもありがとうございました。

外へ出ると、二式大艇が輝いていました。
P_20181206_164232.jpg

おしまい
posted by じゃが〜 at 17:07| Comment(0) | 保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ