2015年09月28日

自衛隊のメンタル教官

自衛隊のメンタル教官とは、正式には心理幹部というのでしょうか。
陸上自衛隊衛生学校メンタルヘルス教官であり、自衛隊の医師や看護師などの衛生科隊員にカウンセリングなどを教える先生のようですね。

東日本大震災のように多くの犠牲者と向き合うとか、不眠不休の任務で心が疲れてしまったとか、おそらく本来は戦場で激しいストレスにさらされてしまった将兵の心の健康を保つための任務を遂行する自衛官がいるようです。

陸自初のメンタル教官の下園氏は執筆活動を通して一般の方にもメンタル強化のコツなどを伝えています。



自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術
心の疲れ、頑張り過ぎた鬱や新型鬱をムリ・ムダ・ムラという工場の品質管理のような観点から解説しています。
ムリをし続けると、心の弾性がなくなって、一日二日休んだだけでは元に戻らないことを説いています。
疲れやストレスの要因を数値化して解析しているのは、大人数の自衛隊でノウハウ展開するためには絶対必要だと感じました。
通常の上司がすべてメンタル的なカウンセリングができるわけじゃないですからね。
上司が部下の負荷を数値化して疲れの目安を考慮できるのは素晴らしいと思いました。
もちろん、それですむわけじゃありません。それでも、指針があるのと無いのでは組織として大違いでしょう。
ゼロかイチかで判断しすぎるのも良くないとたしなめています。

がんばることに疲れてしまったとき読む本
がんばりすぎという状態が多い理由を様々な観点から解き明かします。
子供のころに「ひとりでやりなさい」と教育されるため、大人になってもひとりで何でもやってしまおうとすることに警鐘を鳴らしています。
その他、がんばりすぎる原因として、狩猟時代に1番になると生き残るのに非常に有利であったため、
寿命が短い時代の考え方の名残、
農耕民族だから、などなどユニークな原因を挙げています。
がんばりすぎるのが現代人の特徴なんだなーと理解できて良かったです。

学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ
下園氏にインタビューしたライターさんが文章をまとめています。
本の構成や文章の感じが、他の本と全く違います。
読みやすいです。(下園さんゴメンナサイ)
数多くの性格的な悩みが書かれていて、それぞれに対応策が示されています。
誰もがどれかには当てはまると思います。

心理幹部の活躍の場は、陸自だけでなく、海自・空自にも広がっていくのでしょう。
技術幹部として、海空自でも募集しているようです。

海上自衛隊
【心理部門】
○心理行政部門
心理学に基づく海上自衛隊の施策に関する企画、指導及び監督
○相談業務
海上自衛隊の相談室・自衛隊病院等におけるカウンセリング、心理査定、惨事ストレスケア活動等
○部隊及び家族支援業務
海上自衛隊の各相談室における心理に関する部隊及び家族支援(コンサルテーション、メンタルヘルス教育等)
○研究業務
心理に関する調査・研究(メンタルヘルス、ストレス、疲労等)

航空自衛隊
【心理部門】
心理分野の施策に関する企画、指導及び監督並びにカウンセリング、心理査定、研究等

参考サイト:札幌地方協力本部
 http://www.mod.go.jp/pco/sapporo/recruit/license_mt.html
タグ:軍事
posted by じゃが〜 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ