2018年04月15日

無線LAN WSR-2533DHPとWEX-1166DHPS

自宅の無線LANを更新しました。
バッファローのWSR-2533DHPとWEX-1166DHPSです。

今までのものは、バッファローのWZR-600DHPでした。2012年の発売なので、5,6年は使ったと思います。
当時は2台ぐらいのノートPCで使ってました。

今やノートPCは3台、スマホは4,5台となりました。
台数のせいか分かりませんが、自宅に帰ってもWiFiの電波を拾わず、マニュアルで接続しないと繋がらないことも時々起こり、買い換えを決めました。

建物の構造上、繋がりにくい部屋もありますので、中継機も買いました。
合わせて17,000円程度です。

最近の機種であるWSR-2533DHPには良い機能が付いてますね。
AirStation引っ越し機能ですって。
新旧それぞれのWi-FiルーターのAOSS/WPSボタンを押すだけでネットワークSSIDとパスワードを自動で引き継ぎ設定。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wsr-2533dhp/

今回我が家では使えませんでしたが、次回からは使えると楽ですね。

WSR-2533DHPは802.11ac/n/a/g/bに対応していますが、私のスマホの無線LANは802.11n/g/bにしか対応しておらず、高速な5GHzは利用できず。
gの2.4GHzによる接続となりました。
それでも快適です。
ノートPCもgのみです。

なお、ノートPCなどで5GHz帯を検出出来ない場合は、
コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター>ワイヤレス ネットワークの管理>アダプタのプロパティ>構成 の設定で、「ワイヤレスモード」を変更すると検出できるそうです。
802.11a/b/gなどが選択できれば大丈夫なのでしょう。
私のPCは 802.11b/g/nになっており、aはありませんでした。こちらも買い換え時でしょうか。

次は中継機です。
設定すれば、勝手に親機と中継機のどちらかを選んでくれる優れものです。

が、設定に難航しました。
AOSS/WPSボタンで自動で接続できるはずが認識できず。何度かやって諦めました。
スマホのStationRadarというアプリで設定できるとのことでしたが、これも最初は旨くいかず。

スマホで設定した手順は次のようなもの。
1.スマホのWiFiで初期設定SSID(!Setupで始まる)に接続。
 (この時点で暗号化キーはありません。)

2.設定画面(192.168.11.210)に接続し、親機WSR-2533DHPに接続。
 親機の暗号化キーが必要です。

この後、スマホのWiFiはWSR-2533DHPのSSIDに戻します。
後は、親機と中継機を自動選択してくれるようです。
→中継機の近くで接続すると、中継機の子機接続ランプが点灯しました。

強引に中継機に接続することもできます。
中継機のSSIDはExtender-で始まりますので、WiFiをこちらに繋げばOK。
ただし、暗号化キーは中継機のものを入れる必要があります。

これで家族全員快適にネット接続できるはず。。。
posted by じゃが〜 at 19:54| Comment(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ