2018年10月30日

中央観閲式2018 その1(空自)

10月14日の観閲式に飛来する自衛隊航空機を荒川の土手まで見に行ったのですが、その日は世界的なYoutubeのトラブル?
今になってアップグレードできたので、ぼちぼち挙げていきます。

観閲式を挙行した陸自には申し訳ないですが、トップはやはりF-35。
初めて埼玉上空を飛んだと思いますので、記念に。(正確には、事前の訓練でも来ていたようですが)



2機で三沢基地から飛来したF-35は武蔵浦和上空から道満グリーンパークを抜け、朝霞演習場に進入していきました。
その後、低速進入のデモということで、2機がブレイク。
着陸用に脚を出して低速で進入し、上空を低速(つまりエンジン出力上昇)で通過後、再び上昇して去って行きました。

練馬上空あたりを旋回して再び戻ってくるところ。
DSCF4258.JPG 

脚を出した姿
F-35.jpg

そのまま、おそらく入間基地のあたりまで行って、空自にお披露目したのでしょうか。
F-35-2.jpg

下総TACANあたりを中心に円弧を描くように、浦和の荒川土手からは暫くのあいだほぼ等距離のように見えました。
やがて進路を北にとり、三沢へと帰っていったのでした。


そしてもう一つの山場がC-2。
最近、Blue Whale(シロナガスクジラ)の愛称が決まったそうです。

デカイのキター
S0224236.JPG

通過していきます。


これは前回、2年前の観閲式でC-1 FTBと共にやって来たC-2です。
C-1と比較してその大きさが分かります。
C-2.jpg


最後になりましたが、空自と言えば戦闘機F-2とF-15。
今年もやって来てくれました。
S0234247.JPG

あまりに早くて、気がついたら後ろ姿
F-2.jpg


F-15はなんとか動画も撮れました。
DSCF4255.JPG



posted by じゃが〜 at 09:50| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ