2013年06月15日

タリス・スコラーズ日本ツアー

タリススコラーズが来日し、日本ツアーを実施中だ。

詳細はアレグロミュージックのサイトへ。
http://www.allegromusic.co.jp/TheTallisScholars2013.html

先日、オペラシティで鑑賞してきたので、レポート。
オペラシティに行くなど何年ぶりか。

お客さんの入りは7割ぐらいか。まだまだ入れそうでした。残念。

演奏は文句のつけようがない素晴らしいものでした。
ホールいっぱいに響き渡るソプラノ、少々抑え気味に地味に役割をこなすアルト。
ソプラノ、アルトは2〜3人で1パートのようです。曲によって変わります。

そうそう、アルトには男性が混じっていました。
パトリック・クライグさん、どうやらカウンターのようですね。

テナーは、マーク・ドーベルさんとクリストファー・ワトソンさんがそれぞれ1人1パート。
あとバスが2人。

テナーがよく通るので音量としては全く問題がありませんでした。

タリスのLoquebantur variis linguisからスタートです。
派手目の荘厳な曲です。
がっちりと観客のハートを掴んでしまいました。

なんといってもソプラノにやられることが多いのですが、他のパートもカンペキに仕事をこなしていて、非の打ち所がありません。


パレストリーナのミサ Auumpta est Mariaは少々おとなしめの曲です。
特にCredoの前半はそうですかね。
ただ、ホモフォニックに音楽を進めるところが多く、訴えかけるような印象を強く持ちました。

休憩をはさんで現代音楽が2曲続きます。
タリススコラーズ結成40周年を記念して作られたSainte-Chapelleは、最初こそグレゴリオ聖歌のような昔の旋律で始まるものの、聖堂に入った少女が"Hossannna in excelsis!"と歌う箇所で12音階による不協和音が印象的に使われる。
後は、力強いハーモニーと12音階による幻想的な曲が続く。

ペルトのマニフィカトは、ティンティナブリを使ったペルト音楽の王道。
大曲ミゼレーレと同じ年に作曲されているらしい。
個人的には無伴奏のペルトの曲は歌える自信が全くない。

ゴンペールのLugebat Absalonは2名ほどが舞台袖で待機、残ったメンバーだけで歌いました。
亡くなった息子アブサロンを悼む父ダビデを歌ったものですが、次のジョスカンの曲に比べると大分情熱的・激しい激情が感じられます。
O fili mi(我が子)という台詞が何度も繰り返されます。

ジョスカンのAbsalon fili miは、さらにメンバーが減りました。4人(記憶あやふや)で歌ったかも。
音量は十分ですが、悲しみを表すようにしっとりと歌うなら、タリススコラーズは4人でも十分でしょうね。

最後のバードLaudibus in sanctisは全員が戻って締めました。
聴いたことはあるんだが、どのCDに入っていたか思い出せない。
じっくりと歌詞を見ながら聴いたのは初めてかも。
明るい派手めな曲想は、歌詞に様々な楽器が登場するからなのか。

CDを探索してみよう。

この後、アンコールに2回応えてくれ、演奏会は幕を閉じたのでした。

タケミツメモリアルは音響も良いし、全くアナウンスもないので、マナーの良い聴衆とともに音楽の世界に浸るには最高の場所です。
ここでタリススコラーズの演奏を聴けるなんて、幸せの一言に尽きるでしょう。
また来年以降も来てほしいものです。




posted by じゃが〜 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

タリス・スコラーズ2013日本公演
Excerpt: <結成四十周年記念ツアー/ベスト・オヴ・タリス・スコラーズ> 2013年6月8日(土)14:00/兵庫県立芸術文化センター ザ・タリス・スコラーズ The Tallis Scholars 指揮/ピー..
Weblog: オペラの夜
Tracked: 2013-06-27 22:48
人気ブログランキングへ