2015年05月16日

チリのワインが日本で売れてるらしい

世界一受けたい授業を見ていたら、日本におけるワイン消費量が伸びていて、2014年は過去最高になったとのこと。
その理由は関税が安くなったチリ製のワインの輸入量が伸びているからとか。

経済協定で関税が安くなったとは、EPAのことか?と思って調べてみた。

ボトルワインの国別輸入量の記事があった。
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_seizougyo20140721j-02-w280
日本とチリの間でEPA(経済連携協定)が締結され、2007年に1リットル15%ほどだったワインの関税が2019年にはゼロになるとのこと。

そういえば、近所にあるスーパー(ヤオコー)もプライベートブランドのワインをだいぶ安く出すようになったなと思い、ラベルを見てみたところ、やっぱりこれもチリワインだった。

詳しい関税はジェトロのサイトにある。
http://www.jetro.go.jp/ext_images/world/cs_america/cl/jcepa/guide/pdf/schedule_jp.pdf

現在は関税は1リットルあたり4.6%まで下がってきている。
円安の影響で実際の価格は上がっているかもしれないが、EPAのないヨーロッパからの輸入と比べて相対的に安いのは間違いないだろう。

手軽なワインが飲めるのはありがたい限りだ。
ちょうどなくなったところなので、明日はまたヤオコーでワインを買ってこようかと企んでいる。
posted by じゃが〜 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ