2019年02月16日

鹿屋航空基地史料館(その2)

鹿屋の航空基地史料館で、屋外の航空機の続きを見ていきます。
ホントにたくさんの展示機があります。

B-65(くにかぜ)
P_20181206_152214.jpg
ビーチクラフト クイーンエアです。
練習機として利用されていました。
つくばの「地図と測量の科学館」にも国土地理院で利用されたB-65が展示されていますね。

KM-2(こまどり)
P_20181206_152228.jpg
メンターの後継なので、アメリカ製かと思ってましたが、富士重工(現スバル)製でした。
KはKaizoh、つまり改造を示し、Mはメンターを示すそうです。

P2V-7
P_20181206_152325.jpg
P-2Jの元になった対潜哨戒機。
P-2Jの写真と比べると、プロペラが4枚で、エンジンの吸気口の形が違いますね。

S2F-1
P_20181206_152700.jpg
グラマン製の対潜哨戒機です。
空母から離発着する艦載機なので、P2V-7から比べても小さいですね。
P_20181206_152626.jpg

R4D-6
P_20181206_152851.jpg
ダグラスC-47輸送機をアメリカ軍が使った物のようです。
P_20181206_152823.jpg
横顔がずいぶん変わっていますね。
レーダーか何か追加したんでしょうか。。。
P_20181206_152714.jpg

T34A(メンター)
P_20181206_153034.jpg
戦後アメリカから貸与され、多くのパイロットがこれで教育を受けた傑作機です。
富士重工もだいぶライセンス生産したようです。
ただこの機体は連絡機とあるので、ただ一機だけ連絡機として利用された機体なんでしょう。

V-107
P_20181206_153145.jpg
バートルの名で親しまれたヘリコプター。
昔の映像や映画なんかで見た覚えがあります。
空自の救難機の黄色の塗装が印象的でした。

海自では1990年(平成2年)に退役したとのことなので、海自のバートルの印象はあまりありません。
陸自と空自の退役のニュースは何かで見た気がしますね。

陸自バートルは2002年(平成14年)の退役、空自バートルの退役は2009年(平成21年)の入間航空祭だったそうです。
って、その航空祭行ったはず。。。。

これですね。綺麗な空に良く映える黄色でした。
DSCN1494.JPG


さて次いきましょう。

BELL-47
P_20181206_153231.jpg
川崎重工がライセンス生産したようです。

HSS-2A
P_20181206_153251.jpg
シコルスキー社の対潜ヘリコプターです。
三菱重工によるライセンス生産も当然あったようですので、この機体も三菱製?

ラベル:軍事
posted by じゃが〜 at 22:05| Comment(0) | 航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ