2015年05月16日

チリのワインが日本で売れてるらしい

世界一受けたい授業を見ていたら、日本におけるワイン消費量が伸びていて、2014年は過去最高になったとのこと。
その理由は関税が安くなったチリ製のワインの輸入量が伸びているからとか。

経済協定で関税が安くなったとは、EPAのことか?と思って調べてみた。

ボトルワインの国別輸入量の記事があった。
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_seizougyo20140721j-02-w280
日本とチリの間でEPA(経済連携協定)が締結され、2007年に1リットル15%ほどだったワインの関税が2019年にはゼロになるとのこと。

そういえば、近所にあるスーパー(ヤオコー)もプライベートブランドのワインをだいぶ安く出すようになったなと思い、ラベルを見てみたところ、やっぱりこれもチリワインだった。

詳しい関税はジェトロのサイトにある。
http://www.jetro.go.jp/ext_images/world/cs_america/cl/jcepa/guide/pdf/schedule_jp.pdf

現在は関税は1リットルあたり4.6%まで下がってきている。
円安の影響で実際の価格は上がっているかもしれないが、EPAのないヨーロッパからの輸入と比べて相対的に安いのは間違いないだろう。

手軽なワインが飲めるのはありがたい限りだ。
ちょうどなくなったところなので、明日はまたヤオコーでワインを買ってこようかと企んでいる。
posted by じゃが〜 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

消費税8%



(上)「私たちにほかに道はない」 消費税率8%に引き上げ発表 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131001/plc13100121180022-n1.htm
『安倍晋三首相が就任以来最大の「断」を下した。「経済再生と財政健全化は両立し得る。これが熟慮した上での私の結論だ。同時に達成するほかに私たちに道はない」。首相は1日夕の記者会見で、平成26年4月から消費税率を8%に引き上げることを表明し、その理由をこう説明した。

 同時に「増税しながら他方で経済対策をするのには、批判もあるかもしれない」「最後の最後まで考え抜いた」とも述べ、“苦渋の決断”であることもにじませた。』

残念。
上げる決断してしまった。

増税しながら経済対策するのは、あまり意味がないように思える。
景気対策すれば大丈夫というシミュレーションなんて、Excelのパラメータいじるだけで、どうにでもなるんじゃないか。

増税しつつ、景気対策でお金をばらまくのは、単にお金をばらまかれる側の利権が美味しいだけでは?
どうせ利権があるなら、増税せずに財政出動してほしかったなあ。
すべての利権が悪いわけじゃない。

ただ、集めて配る行程が無駄なんじゃない?と思う。

デフレ脱却してから増税を考えてもよかったのでは?
デフレの根は深いからね。
posted by じゃが〜 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

4〜6月期GDP、年率2・6%増



まずは良い傾向。

4〜6月期GDP、年率2・6%増と高水準 消費税増税の判断材料に
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130812/fnc13081209170001-n1.htm
『内閣府が12日発表した4−6月期の国内総生産(GDP)速報によると、物価変動の影響を除いた実質GDP(季節調整値)は、1−3月期に比べ、0・6%増となった。年率換算で2・6%増となり、3四半期連続でのプラス成長となった。
<略>
 4−6月期でプラスに大きく寄与したのは、個人消費と公共投資。6月の猛暑で飲料、衣料、エアコンなどで個人消費が拡大したほか、緊急経済対策の出来高が増えている。

 4−6月期の実質GDPの個人消費は、前期比0.8%増、住宅投資は0.2%減。設備投資は0.1%減となった。』

年率2.6%の実質成長では手放しで喜べない。
実質2〜3%、名目3〜4%で初めて安心できる。

プラスに寄与したのが個人消費と公共事業とか。
これでは公共事業の削減などもってのほか。

東北復興、軍事・エネルギー・食料の安全保障、国家のレジリエンスのために、まだまだ財政出動してもらいたい。
posted by じゃが〜 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

ガソリンスタンド過疎地

ガソリンスタンド過疎地が増えているという。

「ガソリンスタンド過疎地」拡大 商習慣の見直し求める動きも
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130701/bsd1307010800009-n1.htm
『全国で「ガソリンスタンド(給油所)過疎地」が広がり始めている。低燃費車の普及に伴うガソリン需要の減少や、安値競争による利ざやの縮小で給油所の淘汰(とうた)が進んでいるため。地域住民や自治体、石油元売りなどが協力して給油所を維持する動きはあるが、抜本的な解決策につながらない。政府内では給油所が系列外の安価なガソリンを仕入れられるよう商習慣の見直しを求める動きも出始めた。』

ガソリンスタンドが減っているようだ。
確かに近所でも廃業したガソリンスタンドがいくつかある。
割と都会でもこうであれば、田舎は推して知るべし。

だが、影響は田舎のほうが、そして寒冷地のほうが大きい。

ガソリンスタンドの淘汰は、自由競争をやりすぎた結果である。
民間が自由に競争すれば、つぶれるところが出てくる。
ハイブリッドや新型エンジンで燃費が向上しているし、安値競争が常態化してしまって儲からないようだ。

さらに、政府の規制強化により設備投資が必要なのだが、この費用が捻出できないところが次々と店をたたんでいる。

寒冷地の田舎ではもはや死活問題だ。
ガソリンスタンドは灯油も売っているから、遠いところまで雪道を通って灯油を買いに行く必要が出てくる。
除雪が間に合わなければ、灯油切れが命に関わる。

対策として、補助を出したり系列以外の石油を販売できるように促したりしているようだ。

自由競争をした結果、自治体が補助を出す必要になれば本末転倒。
もしかして、競争しないほうが幸せだったかもしれない。

系列以外の石油を買って、混ぜて品質劣化したらどうするつもり。

いい解決策が見つからない。
最終的には、あまりにも過疎の村は全員で移住なんてことも視野に入れなくてはいけないかも。

posted by じゃが〜 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

規制緩和と法人税減税で景気回復するのか

直接は関係ない気がするのだが。
産経新聞さん、法人税の減税があったら、採用増やしてくれるかい?



成長戦略第2弾 規制改革もっと踏み込め
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130520/plc13052003190005-n1.htm
『安倍晋三首相が成長戦略の第2弾として企業の設備投資や農業活性化の支援策を表明した。「世界で勝つ」を合言葉に、日本の工業製品や農産品の輸出拡大を目指すとした。』

成長戦略として、企業の設備投資があるのは全面的に賛成する。
GDPを増やすには、個人消費、企業の投資、政府の支出、純輸出が増える必要がある。
金融緩和で消費マインドが上がり、政府の財政出動で投資の効果が出ると経営者が思えば企業は投資するだろう。
新入社員も雇うだろうし、首切りも減らすだろう。

『議論の舞台となった産業競争力会議では、企業の国際競争力を強化するため、先進国の中で高い法人税の実効税率の引き下げや解雇規制の緩和を求める意見が強かった。夏の参院選を控えて抵抗が強い改革は見送られる方向といわれるが、こうした取り組みから逃げてはなるまい。』

企業の人間が意見を言えば、税金を下げて解雇規制をゆるくしろと言うに決まっている。
だが、デフレ不況時にやって効果があるとは思えぬ政策だ。

税金が下がったら、ローソンや産経新聞や給料を上げるんですか、投資を増やすんですか。
解雇規制を緩くして競争力を付けるということは、人件費削減による価格競争力強化ですよね。
それは企業でやることで、企業の望みを国の制度変更で実施するってのは変な話だ。

国は、給料を上げるような政策、投資の呼び水となる政策を打つべきである。
一部の大企業の言いなりになって国民を不幸にするようなことは止めてもらいたい。

あ、でも、護送船団のマスコミはもっと規制緩和するべきだね。




posted by じゃが〜 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ