2019年09月02日

総合火力演習予行(令和元年)その2

総火演の第2回目です。

01式軽対戦車誘導弾


最後に当たるところまでは、とても追えませんね。

87AWの水平射撃


もひとつ



16式機動戦闘車

正式化されて3年。
すっかり一般の戦車のように撃ちまくっています。

偵察大隊などで活躍しそうです。

従来の偵察は87式偵察警戒車が実施していましたが、先のMCVと一緒に動くんでしょうね。
これが87RCV

25mmが軽く聞こえてしまう。
恐るべき総火演。


16MCVで撃ち抜けない目標は、こちらが出て行く想定
10式戦車



天候が悪く、爆音だけ響かせた空自のF-2が対地攻撃をした体で爆発デモ

結構な音がしました。


地雷原爆破のデモ




自国が地雷原で覆われるようなことがないよう、やることはやらなきゃいけませんね。


89式装甲戦闘車の射撃

35mmは、やはり、ちょっと重めの音がします。


今回は、弾が飛んでいくほうを初めて撮ってみました。
何の射撃か分からないですが、曳光弾が入っているので、方向が見えます。



そして、状況終了

地上部隊と航空部隊の突入です。


このような突入が起こるのか、ホントのところは分かりません。
装備を展示するために、シナリオとして島嶼を占領された状態を想定しています。
実際には、占領されないようにして欲しいですし、上陸部隊は水際撃滅してほしいと心から願います。

そのためには、頑張って稼いでGDPを上げて、防衛費を無理なく増大できるようにしておきましょう。
いまでも富国強兵は世界の真理です。
posted by じゃが〜 at 21:38| Comment(1) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

総合火力演習予行(令和元年)

陸自総火演の前日の予行のチケットを入手しました。
知り合いから譲っていただきました。
ありがとうございます。

2枚を別途知人に渡し、友人と二人で会社を飛び出し、前泊地へと向かいました。

当日は明け方まで小雨、しかし御殿場では一時晴れ間があって富士山が見えたようです。
到着した頃は曇り、終わり頃晴れました。
午後の装備品展示では暑かったようです。

何が言いたいかというと、荷物を少なめにしたいのに、熱中症と雨の対策が両方必要ということです。
野外で数時間活動するとは、そういうことなんですね。

熱中症対策で持って行ったもの:
帽子、首に巻くタオル、飲み物、薄手の羽織り物
日焼け止めも。

雨対策:
簡易レインコート、お尻に敷くマット(100円ショップ)、ゴミ袋1枚(雨の時に荷物を包みます。)

当日は7時に御殿場駅に着いて、シャトルバスで向かいました。
8時ちょっと前に到着すると、点検射(練習&機器チェック)で榴弾砲を撃ってます。
早めに来れると良いですね。

シャトルバスは6時運行開始なことについて知り合いから、そんなに早く行かなくてもいいよね?と聞かれたとき、
NO!
早めに行った方が前に座れて良いよ!と答えました。
結果として、これは後日感謝されることになりました。
8時過ぎに御殿場駅に到着してシャトルバスで来ると、もう座るところはだいぶ後ろになってしまいます。
とにかく前に人が多いので、ストレスです。見にくいです。

次に機会があれば、もっと早く行こうと思います。


さて、今年の目玉は、最新式の19式装輪155mm榴弾砲です。


射撃はしませんでした。
来年は撃つんじゃないでしょうか。

この19式と入れ替わるように、従来の203mm自走榴弾砲は姿を消しました。


榴弾砲は発射後に破裂する時刻を設定することができ、空中で破裂されることも可能です。
その技を見せてくれました。



最近九州に配備が進み、島嶼奪還に使われる想定の水陸両用車も登場しました。
関東では滅多に見れないので貴重です。

今年は煙幕を張る様子を見せてくれました。
まず前方に煙幕を展開し、さらに走り去りながら煙幕を出し続けました。



個人的に見たかったのはヘリコプターOH-6。

小さくてかわいいです。

主に間接照準砲撃の観測用として利用されてきました。
攻撃ヘリにもよく随伴している様子が見れたものです。

おそらく今年いっぱいで姿を消します。寂しいですね。


ヘリコプターとしては、まだまだコブラが元気





チヌークも力強くエアボーンを支援していました。




高機動車を機内から下ろす様子。


そして離陸して行きます。

とにかくパワフルで頼りがいがあります。

つづく
posted by じゃが〜 at 11:32| Comment(2) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

中央観閲式2018 その2(陸海自)

そろそろ年の暮れですから、忙しくてほったらかしだった写真を整理しています。
2018年の中央観閲式の続きです。

航空部隊の展示飛行に先立って、朝霞では空挺降下が行われたようです。
遙か荒川から見ておりました。
S0104136.JPG


さて、いよいよ航空部隊の観閲飛行が始まります。
飛行部隊はさいたま市の東部と越谷方面でホールディングだったようです。
時間になりますと、ホールディングパターンから進入経路に移行すると思うのですが、荒川土手から見ていますと、武蔵浦和のマンション群の向こう側に、右回りのホールディングから次々とこちらへ方向転換するヘリが見えて、圧巻でした。
カメラがアレなので、あまり写りませんが、こんな感じです。
DSCF4150.JPG
先頭のCH-47Jの後ろに、まだ左向きのヘリ群が見えます。

そして、近づくチヌーク
S0124143.JPG



UH-1JとUH-60J
S0154156.JPG


S0164167.JPG


AH-1Sコブラも通過


締めはCH-47J、JA?のチヌーク5機


最後にLR-2が通過。
S0184178.JPG

ここから固定翼の海自機が通過していきます。
US-2は2機が来たけど、上空通過は1機でした。遠く、さいたま市東部をまっすぐ南下してしまいました。
予備か訓練ですかね。


P-3C
S0214218.JPG


P-1
DSCF4223.JPG


また3年後に見れることを楽しみにしています。

posted by じゃが〜 at 14:22| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

入間航空祭2018 その3

輸送機C-130Hが小牧からやって来てました。
P_20181103_112932.jpg

続いて402飛行隊のC-1
P_20181103_112919.jpg

日本製で、なんとなく愛嬌がありますよね。
DSCF4397.JPG


最新鋭の輸送機C-2
P_20181103_113040.jpg
デカイ

美保から来たんですかね。
403飛行隊ですね。いつか美保基地にも行ってみたいものです。

前から
DSCF4400.JPG


T-4が元気に飛んでいます。年々アグレッシブになっているような。。。





三沢からE-2Cが来ています。
このプロペラはおニューなやつ。NP2000という新型プロペラですね。
DSCF4403.JPG


練習機T-7ですね
DSCF4404.JPG


次は陸自
木更津4ATHさんからAH-1S。通称コブラです。
DSCF4409.JPG


海自からはSH-60Kが来ていました。
DSCF4415.JPG

ローターの端っこが特徴的
DSCF4416.JPG

おまけ
エンジン整備などを任務とする修理隊の方が作ったのでしょうか?
P_20181103_122742.jpg


今年も晴れの特異日は健在でした。
来年も行けますように。
ラベル:航空祭
posted by じゃが〜 at 16:47| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

入間航空祭2018 その2

ブルーインパルスは今年も素晴らしい演技でした。



この歳になってしみじみと思うのですが、カッコイイですよね。
空への憧れを体現しているような部隊ですね。

デルタ隊形のループ
後ろでどこかの子供がずっと奇声を上げてました。
将来、空の仕事に携われるとパイロットの方々も本望でしょう。


これはループ後に会場右へ抜けていきます。


2機でロール


大きなハートを描くキューピッドです。
この日は矢はありませんでした。
ラベル:航空祭
posted by じゃが〜 at 23:24| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ